o0800045113673116401



  • 北海道警は7日、40代男性会社員と70代の自営業男性が死亡したと発表した
  • 北海道胆振東部地震により停電していた地区で、2人とも発電機を室内で使用
  • 死因は一酸化炭素中毒で、どちらの家も窓が閉め切られていたという

北海道警は7日、地震により停電となっていた標津町と上富良野町で、ガソリン式の発電機を室内で使っていた40代男性会社員と70代の自営業男性が死亡したと発表した。

 死因は一酸化炭素中毒で、捜査1課は、発電機を使用する際は十分に換気するよう注意を呼び掛けている。

 同課によると、2人はいずれも1人暮らしで、標津町の男性会社員は共同住宅に住んでおり、発電機は玄関に置かれていた。上富良野町の男性は一戸建てで、玄関付近で発電機を使用していた。

 いずれも7日朝、出勤していないのを不審に思った同僚や親族が自宅を訪れ、動かない状態になっているのを発見した。どちらの家も窓が閉め切られ、発電機の燃料はなくなっていたという。 

参照:http://news.livedoor.com/article/detail/15274092/